痛みに燃やされる
青い薔薇が望むもの
(不変、普遍、不偏)
君がいなくても、生きたいと願ってしまうのは
断罪は許されない
お願い忘れて消してその手で
ねえまた消えて忘れて
愛が足りない?
愛が足りない!
(090407)

血の色は褪せ
英雄になったあの人
幸せの報復を恐れる
中々に皮肉な人生でありました
傷つけられた確証がほしい
緑が煙る
あまりにもお粗末


(090407)
アウフヘーベンな彼
雨間に彼は
彼女の遺詠
漁り火に灼かれて
薄氷を割る、
煙雨に巻かれる

*アウフヘーベン……(弁証法の基本概念)ふたつの矛盾する概念をより高い段階で統一すること。止揚。
(090407)





090425
- mono space -